家族葬をする

墓地で祈る男性

皆さんはもし、自分が逝ってしまったらこんな葬儀をしてほしいなどの希望はありますか。一昔前は、できるだけ大きな葬儀をしてほしいという声が多かったのではないでしょうか。しかし最近よく聞こえてくるのは家族葬がいいという言葉です。大きくなく、しかし一人ぼっちではない家族葬ですが、逝ってしまったからと言ってすぐに家族葬ができるわけではありません。事前に下調べをして、こんなところがいいということをしっかりと家族に伝えておきましょう。例えば、海が好きだから海の見えるところがいい、静かなところがいいなど希望を叶えてもらえるように手配をしておきましょう。そうすることで家族も悲しいけれども穏やかな気持ちで当日の葬儀を迎えることができます。

家族葬を好む人たちは、アットホームな家族関係の中で暮らしてきた傾向があります。また、親戚がみんな亡くなって、自分が一番最後という方もいらっしゃるでしょう。逆に、亡くなる本人が家族だけに見守られて逝きたいと願う場合もあります。どの場合にしても共通して言えることは、自分のことを大切にしてくれた人たちに囲まれて逝きたいということです。また、費用をそんなにかけたくないという人も家族葬を希望する傾向にあります。家族葬は少人数の葬儀ですから、費用がそこまで大きくなることがありません。親戚だけで行いたいという人も家族葬を希望されるのではないでしょうか。これから葬儀を考える場合は、本人の意向を聞きながら自分たちができることを最大限してあげてください。